グリーストラップとは?

厨房排水に含まれる油脂分や汚濁物質が直接下水に流れださないよう分離回収する設備で、昭和51年から業務用調理施設への設置が義務付けられています。

g001

グリーストラップには日々汚れが堆積します。そのためグリーストラップの機能を維持するには適切なメンテナンスが欠かせません。

A 網カゴは毎日清掃する。
B 浮遊油脂類は週1回清掃する。
C 沈殿している汚泥は業者に依頼して清掃する。
D 蓋や設備品が錆びたり、劣化した場合は適宜交換する。

とは言え、グリーストラップの管理はとても大変な作業(臭い・汚い・危険)なので、数多くのお店がグリーストラップのメンテナンスに大きな負担を感じています。

清掃をしないで放置していると・・・

グリーストラップに汚れが過剰に堆積すると、グリーストラップは本来の機能を発揮できなくなります。

清掃をしないで放置していると・・・

  1. グリーストラップの汚れが垂れ流しになります。
  2. 強い悪臭がします。
  3. 排水管が詰まるなどして思わぬ出費が発生します。
  4. 行政当局から改善指導を受けることがあります。

弊社作業の特長

多くのグリーストラップ清掃を手掛けてきた弊社が辿り着いた画期的な作業仕様です。

弊社作業の特長

  • グリーストラップメンテナンス全国チェーン本部『Sweeper』のネットワークが、統一された仕様でハイレベルな作業をご提供します。
  • コンプライアンスを尊守した作業システムです。
  • 産業廃棄物処理(電子マニフェスト)全国対応可能。(一部地域を除く)

作業方法

作業方法

手作業とバッQの併用により排出する汚泥を減らします。

削減した産廃処分費を作業コストに振り替えることでグリーストラップ全体を対象とした清掃によるハイレベルな出来栄えを提供します。

si006

確かな作業品質『作業写真4カット撮影と排水トラブル緊急報告』

『作業写真4カット撮影』

弊社のグリーストラップメンテナンスでは、作業写真を4カット撮影します。

作業プロセスを確認出来る確かな作業品質と適切な廃棄物処理をお約束します。

si007

si008